>
ごあいさつ

 

 
ごあいさつ

医療法人  同愛会 
介護老人保健施設やわらぎ 

施設長・内科医師 鶴原一郎   

 

介護保険施設を利用される家族の皆様方において、介護老人福祉

施設(特別養護老人ホーム)と介護老人保健施設との性格の違い

を理解されずにおられる方に出くわすことが多々あります。

所謂老人ホームと勘違いされており、退所時期の家族面談の折に

家族が戸惑われる場面に遭遇します。老人ホームという言葉は明

治27年の日本初の聖ヒルダ養老院に始まり、老人の生活救済施設

として歴史的に定着した言葉であり老人保健施設と混同されるのも

致し方ない面があります。他方老人保健施設は昭和63年4月に要介

高齢者がリハビリを受け在宅復帰を目指すリハビリテーション施

設としてまだ25年あまりの歴史しかありません。

 

私どもの施設は介護老人保健施設やわらぎといいます。平成6年に

皆生温泉に近い自然環境に恵まれた米子市新開に開設いたしまし

た。利用者の心身のケアを入所・ショートステイ・デイケアの三部門

をリハビリテーションを中心に介護、医療の面から最新のサポートを

行い介護度の改善、在宅復帰の向上に日々努力いたしております。

医療面では系列病院としての急性期病院博愛病院があり、入所中

のどのような医療的変化にも24時間速やかに対応し、生存率・社会

復帰率に寄与しております。リハビリも病院リハビリ科との学術交流

のもと、最新のリハビリを実施し身体能力の改善向上と認知の進行

遅延に日々務めています。介護看護面ではスキルアップを目的に

吸引吸痰資格取得者数の増加、研究会への参加、発表の推進に

努めています。施設のご利用あるいは退所後の各種相談について

在宅介護サービス部門のすべての居宅介護支援事業所が施設内

にあり、資格を有する専門職員がわかりやすく相談に応じています。

 

最後に私たち職員が常に心していることは、利用者様の皆様が多く

の介護施設のある中でやわらぎを選んでいただいたことに真摯に

感謝し、選んでいただいたことに如何に私たちは応えるかを常に自

問し実行に移し、やわらぎを利用し本当に良かったですと言ってい

ただける利用者様の声がいただける施設になるよう日々邁進する

姿勢を忘れずに職務に励む心です。