>
施設運営方針

 

施設運営方針

やわらぎの運営方針

一、施設サービス計画に基づき、医師による、医学的管理の下における看護、介護及び機能訓練、

  その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行う事により、入所者がその有する能力に応じ

  自立した日常生活を営む事ができるようにするとともに、その者の居宅における生活への復帰を

  目指し、在宅生活支援、介護予防に努める。



一、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ってサービスを提供できるよう努める。



一、「こころ、やわらぐ場所がここにあります」をテーマに、明るく家庭的な雰囲気を有し、地域と家庭

  との結びつきを重視した運営を行い、市町村、居宅支援事業者、居宅サービス事業者、他の

  介護保険施設その他の保健医療サービス又は福祉サービスを提供する事業者との密接な連携に

  努める。


 ご利用者様の権利と義務

 私たちはご利用者様の人格と権利を尊重し、ご利用者様の立場に立った医療・介護・リハビリを

実践します。ご利用者様には次のような“権利と義務”があります。

一、“ひと”としての人格や価値観を尊重され、医師等各専門職員との相互協力関係のもとで、

   施設における公平な医療・介護・リハビリを受ける権利があります。


一、自らの医療・介護・リハビリに関する情報の秘密を守られる権利および特別の場合を除き、

   自らの利用者記録(第三者の情報は除く)の開示を求める権利があります。


一、良質な医療・介護・リハビリを公平に受けるためにご自分の症状や体調に関する情報を

   医師等各専門職員に対して正確にできる限り詳しく提供する義務があります。


一、全てのご利用者様が良質な医療・介護・リハビリを公平に受けられるようにするため、他の

   ご利用者様の介護サービスや入所生活、医師などによる医療・介護・リハビリ活動や環境に

   支障を与えないようにする義務があります。

 

やわらぎ職員倫理綱領

 私たちはご利用者様への介護サービスはもとより、人々の健康の維持もしくは推進を図るために、

限りない人間愛と責任をもって業務に従事いたします。私たちが守るべき行動範囲は次の通りです。


一、看護・介護・リハビリの質の向上

   私たちは常に最新の介護サービスを研鑽し、看護・介護・リハビリの質の向上に努め、また人格

   教養を高め、全人的看護・介護・リハビリをめざします。


一、安全管理の徹底

   私たちは介護サービスに関わるあらゆる安全管理に最大限の努力をはらいます。


一、法規範の遵守

   私たち介護サービス従事者各人は介護の公共性を重んじ、介護サービスを通じて社会の発展に

   尽くすとともに、法規範の遵守いたします。